男の人

確実に理学療法士になるために専門学校選びは慎重に行ないましょう

じっくりと学べます

ウーマン

資格や就職に強いです

理学療法士とは、医師の指示を受けて理学療法を行うリハビリの専門家です。医療従事者として病院などで勤務する理学療法士も少なくありません。また最近ではスポーツトレーナーとして、アスリートのトレーニングや治療やリハビリに関わる人も多く、スポーツジムなどで働く理学療法士もいます。理学療法士になるためには国家資格が必要ですが、誰でも試験を受けられるわけではありません。国家試験を受けるためには国が指定した養成機関で3年以上学び、単位を取得する必要があります。やはり医療従事者である以上、専門的な知識を養成機関などで身につける必要があるのです。養成機関には4年制の大学や短期大学、3・4年制の専門学校などがあります。では大学と専門学校どちらで学ぶのが良いかといえば、それぞれに特徴があるので一概にどちらが優れているということはありません。ただ専門学校では就職をより強く意識し、更に国家資格合格にもより力を入れています。だから学位の取得よりも、確実に国家資格を取得して就職したい場合は、専門学校への進学がおすすめです。専門学校によっては、少人数制のクラスで授業を行っているところがあります。じっくり学びたいという場合は、専門学校の方が向いているかもしれません。3年制と4年制の専門学校があるため、学費を安く抑えて少しでも早く働きたい場合は、3年制の専門学校を選ぶことができます。ただし3年制でしっかり卒業するためには、ある程度の基礎学力が必要となります。