男の人

確実に理学療法士になるために専門学校選びは慎重に行ないましょう

自分にあった学校選び

男性女性

学校選びのポイント

理学療法士になるための専門学校には3年制と4年制があります。3年制は早く資格が取得できて、就職できる、学費の負担が減る、4年制はゆっくり落ち着いて知識を習得できる、実習が充実しているなどがメリットです。どちらにもメリット、デメリットがありますので、自分に合う学校を選ぶ必要があります。理学療法士の専門学校で夜間は4年制で、昼間は働いて学費を貯めたいという人にお勧めです。理学療法士の専門学校選びで大切なのは、まず国家試験への合格率です。最新の合格率と、過去の合格率もしっかり確認し、合格率の高い学校を選びましょう。それ以外に学校の雰囲気が自分に合うかも大事です。3年から4年と長い期間通うことになる学校ですので、合わないと行く気持ちが薄れます。理学療法士の専門学校のオープンキャンパスでは、学校の雰囲気、先輩の様子、先生と生徒の関係性などが見れますので、しっかりチェックして自分に合いそうか見極めが肝要です。それ以外には学校近くに付属やグループの病院があるところがいいです。付属の施設なので、指導体制がしっかり整っていて、充実した実習が受けられます。自宅近くの病院に就職したいのであれば、その学校の就職先をチェックして、自分の働きたい病院があるのか確認しましょう。その他には、高齢者のリハビリ、麻痺のある人のサポート、スポーツ障害のサポートなど自分の進みたい分野が最初からはっきりしていれば、その分野に精通した先生のいる学校を選ぶのも良い選択だと思います。専門学校のホームページで先生のプロフィールなどもチェックしてみるといいでしょう。