勉強道具

確実に理学療法士になるために専門学校選びは慎重に行ないましょう

勉学

リハビリの専門家に

リハビリの専門家とも言える理学療法士になるための方法の一つとして専門学校があります。試験対策も充実していて合格率も高いとされる専門学校ですが、選び方のポイントとしては実習に使われる病院が近くにあるかどうかというのも大切です。また、過去の就職先を調べておくのも重要なポイントとなります。

ウーマン

じっくりと学べます

理学療法士の資格を得るためには、国が指定する養成校で学ぶ必要があります。養成校には大学や専門学校などがあります。専門学校では就職をより強く意識し、国家資格合格にも力を入れています。少人数体制の専門学校も多く、じっくり学ぶことができます。

男性女性

自分にあった学校選び

できるだけ早く理学療法士になるには、専門学校を利用するのがおすすめです。昼間は働いて学費を貯めたいという人でも夜間授業が受けられる4年制の学校がありますのでチェックしましょう。

学校選びに悩む人に

施術

学校の質に着目

理学療法士の専門学校選びは、現役生でも社会人でも迷う事です。パンフレットやホームページでその専門学校の方針や教員の情報を得られます。しかしそれだけでは情報不足です。入学すると違ったと感じない様にオープンキャンパスに参加して、肌で感じ疑問を質問して解消する必要があります。オープンキャンパスではホームページ等に載っていない貴重な情報が得られます。確認すべきは在学生の様子・設備・就職率・国家試験合格率です。つまり、学校の質です。オープンキャンパスに参加している在学生の様子を見る事で、その専門学校の質が分かります。理学療法士は医療専門職。多くの知識が必要です。専門学校は楽しく過ごす場ではなく、現場で通用する理学療法士を育てる機関です。設備と合わせて生徒の学習に対する姿勢も確認すると良いでしょう。理学療法士は専門学校を卒業するだけではなく、国家試験に合格しなければ働く事ができません。つまり、専門学校の目的は理学療法士に必要な技術・知識の教育と、国家試験に合格させる事です。国家試験合格率は専門学校の質を数字として表しています。高い学費を払い、卒業したが国家試験に落ちたならば専門学校に入学した意味が薄れます。最後に就職率です。就職先は全国から学生が集まっている為、地元に戻って就職するので参考になりにくいです。しかし就職率は、病院やリハビリ施設からの学校評価が高いだけでなく、質の高い学生を育てている事が分かります。以上の事を基本にして雰囲気や通勤時間等、自分の条件に合う専門学校を選ぶと良いでしょう。